認知症に係る運転免許証更新等における診断書作成について

 平成29年3月12日から、高齢運転者の交通安全対策推進のため、加齢による認知機能の低下に着目した
臨時認知機能検査制度や臨時高齢者講習制度の新設、その他制度の見直し等が行われ、更新時及び臨時の認知
機能検査等で「認知症のおそれがある」と判定された方については、臨時の適性検査を受けるか、医師の診断
書を提出することになりました。
 診断書につきましては、昨年3月に島根県医師会より会員の先生方に送付されております「かかりつけ医向
け認知症高齢者の運転免許更新に関する診断書作成の手引き」を参考に、作成をお願い致します。
 ※「手引き」がない場合は、出雲医師会事務局にご連絡ください。
 なお、かかりつけ医の先生で診断書の作成にお困りの場合は、以下の先生にご相談ください。

認知症に係る運転免許証更新名簿2.jpg