日本医師会サイバーセキュリティ支援制度・サイバー攻撃への注意喚起 - お知らせ

日本医師会サイバーセキュリティ支援制度・サイバー攻撃への注意喚起

会員の皆様へ
New日本医師会日本医師会サイバーセキュリティ支援制度の創設(2022.6.2掲載)
医療機関を標的としたランサムウェア攻撃や Emotet をはじめとする標的型メール攻撃が多発化しており、地域の医療提供体制に影響を及ぼすケースも発生していることから、日本医師会において医療機関のサイバーセキュリティ対策を支援する方策が検討され、この度、日本医師会サイバーセキュリティ支援制度が創設されることになりました。
詳しくは下記関連文書・専用サイトをご覧ください。
※この制度はサイバーリスク保険(サイバー攻撃により発生した損害賠償責任や費用損害に関する補償等を提供する保険)ではありません。
《関連文書》
令和4年6月1日発出:日本医師会サイバーセキュリティ支援制度の創設及び一次支援金請求時の休業証明に関するご協力のお願い(2022.6.2掲載)
メンバーズルーム掲載文書のため、ご覧いただくにはユーザー名・パスワードの入力が必要です。
日本医師会サイバーセキュリティ支援制度(日本医師会メンバーズルーム内専用サイト)
【注意喚起】医療機関を標的としたランサムウェアによるサイバー攻撃について(2022.4.6掲載)
近年、国内外の医療機関を標的とした、ランサムウェア(情報システムを使用不可の状態にした上で身代金を要求するウイルス)を利用したサイバー攻撃による被害が増加していることから、厚生労働省から注意喚起の文書がまいりました。
下記資料・厚生労働省専用ページは、自院の対応状況のチェックにご活用ください。
《関連文書》
令和3年11月26日発出:ランサムウェア攻撃に対する医療機関等の対応について(再注意喚起) 都道府県厚生局宛
添付資料:ランサムウエアによるサイバー攻撃に関する注意喚起
添付資料:医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第 5.1 版 抜粋
《参考サイト》
厚生労働省:医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5.2版(令和4年3月)
第5.1版(令和3年1月)が改訂され、第5.2版(令和4年3月)が公開されました。
上記サイトから「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第5.2版(令和4年3月)」がダウンロードできます。
「医療機関のサイバーセキュリティ対策チェックリスト」及び「医療情報システム等の障害発生時の対応フローチャート」などが随時公開されます。