「学校検尿マニュアル」改訂について - お知らせ

「学校検尿マニュアル」改訂について

令和3年度の(財)日本学校保健会「学校検尿のすべて」の改訂に合わせて、出雲医師会学校医部会発行「学校検尿マニュアル」も改訂を行い、令和4年度から新しい方式により実施いたします。

この度の改訂では、尿糖陽性者の緊急受診の取り扱いが変更になったことから、1次検尿で尿糖(+)の場合、児童・生徒の糖尿病の早期発見のため、すぐにかかりつけ医へ再検査を依頼し、必要があれば血液による糖尿病検査を行うこととしました。

蛋白尿と血尿の判定基準に大きな変更点はありませんが、判定委員会で事前に定めた「総合判定基準」に従い、ある程度は自動的に判定を行い、迅速に判定結果を返す方向で検討を始めます。自動判定が困難なケースや自動判定の整合性については判定委員会で協議します。

改訂後のマニュアルは下記からダウンロードできます。
学校検尿マニュアル 第4版(令和3年11月)(PDFファイル)
 ※赤文字は第3版からの変更部分です