腎臓検診における「学校検尿マニュアル」の活用について - お知らせ

腎臓検診における「学校検尿マニュアル」の活用について

腎臓検診における「学校検尿マニュアル」の活用について(2022.6.9掲載)
出雲市立全幼稚園、小・中学校を対象に腎臓検診(検尿)の結果、医療機関への受診が必要な園児・児童・生徒に対しは、随時結果を送付しております。
この度の結果通知を受け、子ども達が先生のもとを訪れるかと思いますが、「学校検尿マニュアル」を参考に、検査及び事後措置等についてご高診いただきますようよろしくお願いいたします。
「学校検尿マニュアル」は下記からダウンロードできます。ご活用ください。
学校検尿マニュアル 第4版(令和3年11月)(PDFファイル)
※赤文字は第3版からの変更部分です
学校検尿マニュアルの改訂について(2021.12.16掲載)
令和3年度の(財)日本学校保健会「学校検尿のすべて」の改訂に合わせて、出雲医師会学校医部会発行「学校検尿マニュアル」も改訂を行い、第4版として令和4年度から新しい方式により実施いたします。
この度の改訂では、尿糖陽性者の緊急受診の取り扱いが変更になったことから、1次検尿で尿糖(+)の場合、児童・生徒の糖尿病の早期発見のため、すぐにかかりつけ医へ再検査を依頼し、必要があれば血液による糖尿病検査を行うこととしました。
蛋白尿と血尿の判定基準に大きな変更点はありませんが、判定委員会で事前に定めた「総合判定基準」に従い、ある程度は自動的に判定を行い、迅速に判定結果を返す方向で検討を始めます。自動判定が困難なケースや自動判定の整合性については判定委員会で協議します。