小学生・中学生の成長曲線判定について - お知らせ

小学生・中学生の成長曲線判定について

医療機関 各位

出雲市立小・中学校から成長曲線判定対象者として選出された児童・生徒について判定した結果、
医療機関への受診が必要な児童・生徒が先生のもとを訪れるかと思います。
下記の資料を参考に、診察や検査・事後措置についてご高診くださいますようよろしくお願いいたします。

○「学校医またはかかりつけ医」には、主に肥満(⑥、⑦)、やせ(⑧、⑨)が受診する予定です。
○それ以外で保護者から相談がありました際は、『詳細編』を参考にしてください。
○いずれのケースにおいても、ご家族・本人の心配や不安が強い場合は専門医への受診をお勧めください。
 専門医:島大病院小児科または県立中央病院小児科
○受診結果は保護者が持参した個人通知にご記入の上、保護者にお渡しください。
 その際、学校へ結果を提出するようお申し伝えください。

《成長曲線判定資料》
 (PDFファイルが開きます)

 ◆中学生の成長曲線
  判定と診療とポイント 詳細編
  学校医またはかかりつけ医 診療のポイント 簡易編

 ◆小学生の成長曲線
  判定と診療とポイント 詳細編
  学校医またはかかりつけ医 診療のポイント 簡易編

 ◆生活習慣チェック表
 本人の生活習慣の聞き取りの際にご活用ください。
  生活習慣チェック表
  生活習慣チェック表(やせ傾向用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出雲市学校医会成長曲線判定委員会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー